Sample Image

結婚披露宴は入場も見せ場!

「入場も見せ場!」

結婚披露宴は「新郎新婦入場です」の言葉と共に流れるBGMをバッグに光に照らされての入場が一般的な入場ですし、はじめはおごそかでもいいものがあります。
もっとも曲を統一したいから変わった曲での入場とかはありますが、あまりはじめから奇抜な入場をする人は少ないようです。
するとすればお色直しの再入場でしょう。

ある結婚披露宴では着ぐるみが3体、再入場で入ってきたかと思ったら、それぞれが親族や友人などにアピールして別の扉の新婦を迎えに行きました。
「お婿さんはどの着ぐるみでしょう」クイズになっていて、正解者にはお菓子プレゼントをしていました。
協力者は新郎の友人だけにくせなども知っていて分かりにくかったようで意見が割れたので盛り上がったそうですが、確かにドレス姿の新婦にはできません。

他には結婚披露宴の服装を和装に衣装替えしている間、獅子舞が飛び込んできて舞い踊った後に、和正装の新郎新婦が入ってきたのもインパクトがあったそうです。
趣味がプロレス観戦だという新郎新婦がプロレスの入場曲で入ったり、阪神ファンだから「六甲おろし」で新郎友人、大コーラスなどと本当に自由に演出できます。
昔はゴンドラにスモークは流行りだったのですが、今ではゴンドラを備えている式場事態の数が少ないので、どうしてもという場合はその式場を選ばなくてはならなくなります。
運よく、ゴンゴラがあって使える式場でしたらせっかくですからライトなどを使って派手に演出してみてはいかがでしょう。
今ではゴンドラを使える方が貴重な経験です。

ちなみにどんなに奇抜な入場をしても自由ですが、最低限の礼節は守ることだけは忘れないでください。
見せ場というのはきちんと挨拶をする場でもあるということは忘れずに、分からないことがありましたらホテルのプランナーなどに聞いたりして、礼儀だけは忘れないようにしましょう。
時間もアイデアを大切ですが、祝っ てくれる人たちへと向ける感謝の笑顔と礼は、入場をよりよくみせてくれることでしょう。
もし入場でサプライズをお考えになられているのでしたらこちらをどうぞ。
http://www.endofeva.com/sapur.html

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 招待状を作ろう All Rights Reserved.