Sample Image

結婚披露宴の余興にひと工夫!

「余興にひと工夫!」

余興という物はある程度決まってしまっている結婚披露宴をサプライズ的に盛り上げるものです。
ここでは実際に行った少し変わった余興の一例を挙げていきましょう。

よく余興に使われるのはウェディングケーキです。
最近は食べられる本物を用意することが多く、実際に招待客に食べてもらうことも多いです。
新婦の手作りなどもあります。
今回はケーキの中にお菓子を潜ませます。
ドルチェと呼ばれる結婚式に相応しいお菓子です。
中には激辛ものなど混ぜてみて、オーバーなリアクションをとるような友人に当たるようにしてみるなど、少し細工をした方が盛り上がります。
「ケーキの中に何か入っている方が申し出てください」と司会者にお願いしておけば、皆さんケーキにも手を伸ばしてくれるでしょう。

ちなみにお子様がいる場合、お子様に激辛が回らないように気を付けましょう。
ケーキが辛くてトラウマになられたら大変です。
ちなみに何か入っていた人にはプレゼント贈呈で、激辛で盛り上げてくれた人には少しいいものを進呈しましょう。
ここでお子様のケーキに忍ばせたもので、おもちゃの進呈をしても盛り上がるでしょう。
ですがくれぐれも皿を間違えないようにしなければなりません。

またウェディングケーキを招待客に作ってもらうというのもいかがでしょう。
こちらは式場の結婚披露宴ではなくて、パーティ披露宴だったのですが、新郎新婦の支度の間に招待客の前に板のような大きく平たいスポンジケーキとデコレーション用の生クリームや
フルーツが用意されまして、
「ご自由に新郎新婦へのプレゼントのウェディングケーキをお作りください」という新郎新婦ならず、招待客の共同作業です。
知らない者同士の交流も出来ますし、メッセージなどもかけたりする世界で一つだけのウェディングケーキが作れます。
ウェディングケーキだけでもまだまだ様々なことが出来ますし、他の余興も工夫次第で、いくらでも遊び心を加えることができるというものです。
ひと工夫することで、結婚披露宴もさらに盛り上がることでしょう。
また、一般的な余興につきましてはこちらをご参考にしてみてください。
http://www.dallaswiens.com/yokyo.html
http://www.wgmcmahon.com/8.html

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 招待状を作ろう All Rights Reserved.