Sample Image

結婚披露宴のスピーチは誰にお願いしよう

「スピーチは誰にお願いしよう」

結婚披露宴のスピーチをお願いする人を選ぶには様々な候補者がいますが、祝辞と違って自分と親しい友人などを選んだ方が、話も自分との思い出などが盛り込まれて盛り上がるようです。
しかしスピーチを好まない人が多いのも確かで、無理強いは出来ません。

まず電話で確認したり、直接会って頼んだりして了承をもらう事こそが一番の課題でしょう。
中には会社の先輩などを招待している場合で、「スピーチする」と言われた場合ですと、決まっていなくて特に頼みたい人がいない場合はお願いするのもいいでしょうが、
決まっているか、いないかのあいまいな場合は困ってしまいます。
ですからある意味、招待状より先にスピーチをお願いする友人などはきちんと当たっておいた方がいいでしょう。
返事が「考えさせて」の場合は困りますので、嫌ならいいという気持ちで早めの返事をいただくようにしましょう。
こういう返事の場合は嫌がっているのは人前で話すことであって、祝いたいという気持ちを持っていることは分かっているからという態度で、話す方が望ましいでしょう。

せっかくの晴れの舞台を見て、祝ってもらいたいというのに友人を悩ますのは本意ではありません。
友人の方もスピーチで頭がいっぱいになってしまうようでは楽しんでもらうことなどできまないでしょう。
そして結婚式や披露宴に招待するような友人ならば、性格の方もある程度分かっているのではないでしょうか。
性格的に難しいかなと分かっていても、やはり頼みたい友人から頼んでいきましょう。
断られてもいいというぐらいで頼むのも友情です。
もしスピーチの内容にお困りでしたらこちらを参考にしてみるのもてもいいでしょう。
http://xn--h1s64a26mrz3awb1a.asia/09speech.html
http://www.tacpnewsroom.com/6.html

また類は友を呼ぶで、頼む人が全員断ったとしても方法はあります。
テーブルインタビューという方法です。
マイクを持って言ってお願いするという方法で、短くすませられます。
しかしこれも事前の許可をもらっておかなくてはとても失礼に当たります。
サプライズとしては喜ばれません。
ですが一言お祝いを述べるのはそれほどではありませんし、受ける側も笑顔で対応できればそれだけでも温かい気持ちが伝わる結婚披露宴になるのではないでしょうか。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 招待状を作ろう All Rights Reserved.