Sample Image

結婚披露宴の式次はどうしよう

「式次はどうしよう」

式次とは結婚披露宴を進める順序のことで大体は式場によって決まっています。
希望などは勿論入れられるのですが、結婚披露宴の時間というのはかなり決まっていることが多く、どちらかを選ぶとか、それを入れたらこれは難しくなりますなどと
やんわりと断られてしまうことがあります。
自分たちの結婚披露宴といえども、ある程度の決まりがある感じは否めません。
ですが全くの素人のにわか仕込みの考えが間違っている場合などもありますので、きちんと担当のプランナーさんの話も聞きましょう。

席次の流れは「お迎えと入場」「新郎新婦入場」「祝辞」「乾杯」「ウェディングケーキ入刀」「歓談と食事」「お色直しで新郎新婦退場」「祝電披露」「新郎新婦再入場」
「キャンドルサービス」「祝辞」「余興」「花束贈呈」「謝辞」「閉会宣言」「退場」が基本とされるものならば、「キャンドルサービスをしない」というパターンもあれば、
「各テーブルでの写真撮影(カクタク)」などもあり、そういったことができるのか、希望する結婚披露宴はどんなものなのかの話し合いは可能なはずです。
結婚披露宴のおおまかな流れはこのようになっています。
http://www.agoo4u.com/GIRL_OUTERWEAR_CLOTHES_s/110.htm
http://www.custombasketsandbouquets.com/sink.html
http://www.komsusiteler.com/direction.html

決まっているのならばとあきらめないで、少し変わった感じでこういうのは取り入れられますか、これをやめたらできますかなどきちんと打ち合わせをしましょう。
一生に一度の結婚披露宴なのですから、よほどひどい希望をしない限りは聞いてもらえるのではないでしょうか。
結婚披露宴の費用についてもしっかりと話し合いをしましょう。具体的な金額についてはこちらhttp://www.pwoconline.org/hirou.htmlhttp://www.theweddingcenterinc.com/hiy.htmlに載っていますのでご参考までに。
言うことをいってこういう理由でということも納得したうえでも結婚披露宴にしたいものです。

またこういう変えた場合には司会を頼む人ともきちんとした打ち合わせが必要です。
ある意味、結婚披露宴当日はといえば、新郎新婦は言われるままに動く方が多く、司会者の言葉に行動がかかってしまいます。
ですから当日もきちんと打ち合わせをしたいですし、できるのはどちらかといえば準備に時間がかからない新郎の方が自由がききます。
二人での話し合いを十分にしたうえで、司会者との打ち合わせをしましょう。

また二人にとって大事な結婚指輪http://xn--h1sa777dl51a1ka872g.com/brand.htmlは慎重に選ぶことが大切ですね。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 招待状を作ろう All Rights Reserved.